【助成金】感動体験支援基金 第3回(2024年度)(パブリックリソース財団/プロジェクト希望)

  • 助成金・補助金
  • 子ども

本基金は経済的に困難、またはさまざまな課題に直面する子どもたちに”感動体験”を支援提供することによって、将来的に子どもたちがさまざまな生き方・働き方を知り、自らの人生を自分自身で切り開く力を体得し、将来的な貧困状態の解消と世代連鎖を断ち切ることを支援するものです。また、今年度は令和6年能登半島地震で被災した子どもの体験活動の支援を行うNPOへの支援も行います。
なお、本基金の運営は平井氏が代表理事を務める一般社団法人プロジェクト希望と連携し、実施します。

【対象団体】
・NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織を対象とします
※法人格の有無は問いません(任意団体も可)
※国、地方自治体、宗教法人、個人、営利を目的とした株式会社・有限会社、趣旨や活動が政治・宗教・思想・営利などの目的に偏る団体は除きます
・助成金は、経済的に困難な状況下にある子どもに対する”感動体験”の提供にかかる費用を対象とします
・能登半島地震で被災した子どもたちの支援については、経済的に困難な状況下にある子どもに限定いたしません。被災した子どもたちに対する”感動体験”を提供する事業を対象とします
・本基金では“感動体験”を下記3つの視点で判断をしています。下記3つのいずれにも当てはまらないものについては支援の対象外となります
1.絆を深める感動体験 保護者や周囲の大人、友人と共通の体験や思い出を作る機会
2.興味関心に気付く感動体験 将来の進路やキャリアを考えるきっかけづくり
3.世界観が変わる感動体験 今まで体験したことがない圧倒的な体験

【助成期間】
2024年10月~2025年9月末

【助成金額】
1件あたり150万円を上限
支援団体数:5団体程度

【申込締切】
2024年8⽉7⽇(⽔)17:00

【詳細・お問合せ】
公益財団法人パブリックリソース財団
応募に関してのお問い合わせは、特設ウェブサイト内の問い合わせフォームからお問い合わせください


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:476団体
  • ・認証件数:472団体
  • ・審査中:4団体
  • ・解散等:206団体
※令和6年7月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:639団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:293団体
※令和6年6月30日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら