【助成金】第2回 経済的困窮や社会的孤⽴の状態にある⼦どもの 学習と⽣活を⼀体的に応援する助成(清⽔育英会 × 中央共同募⾦会)

  • 助成金・補助金
  • 福祉

この助成事業は、新型感染症の長期化や物価高騰等の影響により、経済的困窮や社会的孤立の状態にある子どもたちの学習と生活を一体的に応援することを目的として実施します。
なお、本助成は「一般財団法人清水育英会」からのご寄付を財源に、清水育英会と中央共同募金会による共同助成事業として、赤い羽根福祉基金助成の一プログラムの中において実施するものです。

【助成プログラム】
①経済的困窮や社会的孤立の状態にある子どもの学習と生活を一体的に支援する活動
 次の項目のうち学習支援と他の1つ以上の組み合わせで実施される活動。
 <主な支援活動(学習支援活動は必須)>
 ○学習支援活動  (例:対面やオンラインでの学習支援)
 ○居場所支援活動 (例:居場所や交流の場、シェルター)
 ○居住支援活動  (例:居住に関する相談支援や見守り・生活支援)
 ○生活支援活動  (例:生活必需品の提供など)
 ○相談支援活動  (例:子どもや保護者の生活相談や心理相談など)
 ○食支援活動   (例:食事の提供など)
 <取り組みの例>
 ○子どもたちへの居場所提供と学習支援(オンライン活用含む)、子どもたちへの食と学習の一体的支援 など

②地域や多機関連携による重層的な子どもの学習・生活支援体制づくりなど、社会に新たな価値を創造する活動
 次の機関・団体と応募団体の連携・協働によって、子どもの学習・生活支援を一体的に展開するとともに、
 重層的な支援体制やネットワークの構築につなげるなど、社会に新たな価値を創造する活動。
 <連携機関の例>
 ○地域団体(自治会等の地縁組織)、公立学校、大学ボランティアセンター、企業、その他の関係機関・団体
 <取り組みの例>
 ○公立学校との連携により教室等を活用した居場所と学習支援、大学ボランティアセンターとの連携による学生
 が参加した居場所や学習支援、食支援を行うNPOと学習支援を行うNPO、社会福祉協議会、社会福祉法人、行政
 機関等の連携による子ども支援のネットワークづくり、企業等との連携による食支援や生活支援 など

【対象となる団体】
次の条件に合致する団体を対象とします。
○経済的困窮や社会的孤立の状態にある子どもたちへの支援活動を展開する非営利団体
○応募時点で1年以上の活動実績があり、応募事業の実施体制が整っていること
○法人格の有無は問いませんが、応募要項に記載した6点の書類を提出できること
〇複数の団体が連携・協働して実施する活動も対象とします。その場合は、代表団体(助成手続きを行う団体)を1団体
 選定のうえご応募ください。

【助成対象期間】
2024年10月~2025年9月

【助成金】
○助成総額 約2,550万円を予定(2つのプログラムの合計)
○1活動(事業)あたりの助成上限額について、助成プログラム①は100万円、プログラム②は300万円とします。

【申請締切】
2024年7月9日(火)必着

【詳細・お問合せ】
社会福祉法⼈中央共同募⾦会 基⾦事業部
経済的困窮や社会的孤⽴の状態にある⼦どもの学習と⽣活を⼀体的に応援する助成担当


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:476団体
  • ・認証件数:472団体
  • ・審査中:4団体
  • ・解散等:206団体
※令和6年7月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:639団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:293団体
※令和6年6月30日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら