【助成金】女子中高生の理系進路選択支援プログラム(科学技術振興機構)

  • 助成金・補助金
  • 防災・復興

【事業の趣旨・概要】
女子中高生の理工系分野に対する興味・関心ほ高めるとともに、教員及び保護者等を含め理工系分野への進路選択に関する理解を促進することにより、文理選択や将来の進路に迷っている女子中高生の理系進路選択を支援していきます。全国各地において、女子中高生の理系進路選択を支援する取組が継続して展開される実施拠点の構築を目指した企画を募集します。

【応募できる期間】
国公私立大学(短期大学、大学院大学を含む)、高等専門学校、科学館、科学系博物館、民間企業(法人格を有すること)、独立行政法人、公的研究機関、大学共同利用機関、公益法人、一般社団法人、一般財団法人、NPO法人、地方公共団体、教育委員会

【採択予定件数、支援金額等】
・採択予定件数:7件程度 ※各申請タイプの応募件数や企画の提案内容、規模等により変動する場合があります
・支援機関:令和9年3月31日までの最大3年間(年度ごとの契約)
・支援金額上限(1企画あたり) ※詳細は募集要項を確認してください
 タイプ① 上限600万円/年、都道府県規模、コーディネータ等の配置 必須
 タイプ② 上限300万円/年、都道府県規模、コーディネータ等の配置 任意
 タイプ③ 上限300万円/年、複数の周辺市町村規模、コーディネータ等の配置 必須

【募集する企画の概要】
(1)女子中高生、教員、保護者を対象とした取組
・女子中高生の理工系分野への興味・関心を高め、理系進路への意識の醸成が図られる取組
・教員、保護者に対し女子の理工系分野への進学・就職やその後の人生設計に関する理解を促す取組
(2)実施体制
・民間企業と教育委員会の参加が必要です
・タイプ①またはタイプ③による応募では、コーディネータ等の配置が必要です
(3)効果的な活動、事業の継続性
・様々な媒体を通じた企画の周知や成果の普及などにより、女子中高生、教員、保護者の参加を幅広く募集し、女子中高生の理系進路選択に対する理解を促進すること
・JSTからの支援終了後も企画を継続させるための実施体制や予算計画を整えること

【募集・選定スケジュール】
・募集期間 2024年1月12日(金)~2024年2月20日(火)正午
・選定結果の通知 2024年4月中旬から下旬頃

【詳細・お問合せ】
国立研究開発法人 科学技術振興機構 理数学習推進部 能力伸長グループ
E-mail:jyoshi-koubo@jst.go.jp


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:477団体
  • ・認証件数:476団体
  • ・審査中:1団体
  • ・解散等:203団体
※令和6年2月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:633団体
  • ・利用登録団体数:347団体
  • ・団体登録取消等:286団体
※令和6年1月31日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら