【助成金】こども食堂向け「むすびえ・こども食堂基金」2023年度 春募集(全国こども食堂支援センター・むすびえ)

  • 助成金・補助金
  • 子ども

春募集では、以下4つのコースの募集を行います。各コース、対象事業や要件が異なりますので、応募前にご確認ください。

≪ Aコース:会食再開支援 ≫
会食再開にあたって、ご案内を刷新したり、感染症対策のグッズや食材・調味料、会場費など、
さまざまなご準備とともに経費もかさんでくるかと思います。これまでコロナで休止していた、あるいは、
お弁当配布等に活動形態を変更していたこども食堂が、会食を再開をする際の資金的支援を行うコースです。
申請の際に、これまでの活動形態と、会食再開に向けて行う準備や開催の予定を教えてください。

≪ Bコース:食材支援 ≫
コロナや社会情勢の影響により、地域で暮らしを支えたり、人々の繋がりや居場所をつくりだす必要性が
一層高まっています。また、物価高騰により、地域のニーズが高まっているとの声が多くのこども食堂から
寄せられています。このような時だからこそ、こども食堂を開催したり、フードパントリー等を実施する団体の
食品購入費を支援します。

≪ Cコース:ひとり親支援 ≫
こども食堂の活動を通して、特に、ひとり親家庭の支援を中軸においた活動(こども食堂・フードパントリー・宅食等)を
助成します。対象を限定しない、いわゆるオープン型・共生型のこども食堂等も、ひとり親家庭への支援活動であると
目的が明確で、かつ、参加者に占めるひとり親家庭の割合が高いこども食堂等であれば対象になります。

≪ Dコース:プログラム支援 ≫
こども食堂の活動を通じて、楽しいプログラムを提供するための助成です。こどもたちが楽しく思いっきり遊べるよう、
感染対策を行いながら、夏休みの思い出づくりや音楽イベント、ハロウィンなどの季節ごとの楽しい思い出づくりを
行う団体に助成します。こどもたちを対象に、どんなプログラムを行いたいか、申請を通じて教えてください。

【助成対象団体】
・こども食堂の事業を通じた食支援や居場所づくりを助成対象期間中に実施する団体(法人格の有無や活動年数は
問いません)。フードバンク専門団体は対象外です。
・団体名義の口座を持っていること
・事務局が請求した際に会則または定款を提出いただけること
・「助成金受領における誓約書」を提出いただけること
・宗教法人、個人事業主が経営する飲食店や株式会社(いわゆる「営利事業者」)が運営するこども食堂は、
以下の条件を満たす場合に申請することができます。
1)こども食堂が非営利で運営されること。
2)宗教法人活動や営利部分との経理区分が行われること。
※銀行口座の管理が宗教法人活動あるいは営利事業/非営利事業とで別管理がなされていると望ましいです。
3)こども食堂名で申請すること。

【助成対象期間】
2023年7月1日から2023年12月31日まで

【助成金額】
・Aコース:会食再開支援(上限10万円)200件
・Bコース:食材支援(上限10万円)200件
・Cコース:ひとり親支援(上限20万円)20件
・Dコース:プログラム支援(上限10万)50件

【申込期限】
2023年6月11日(日)※23:59必着

【詳細・お問合せ】
認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
「2023年度むすびえ・こども食堂基金」事務局


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:483団体
  • ・認証件数:480団体
  • ・審査中:3団体
  • ・解散等:193団体
※令和5年8月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:632団体
  • ・利用登録団体数:348団体
  • ・団体登録取消等:284団体
※令和5年8月31日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら