【助成金】2023年度環境保全・生物保護 市民活動助成“地球・自然・いのちへ”(真如苑/環境パートナーシップ会議)

  • 助成金・補助金
  • その他

環境保全・生物保護に取り組む団体はもちろんのこと、日本の地域社会で起きている
複合的な諸課題に対して、環境、社会の視点を踏まえ、統合的に課題の同時解決を目指している
諸団体への支援や、地域における課題の整理やビジョンの共有といった合意形成に資する活動など、
幅広い内容を対象に加え助成をして参ります

【対象】
(ア)日本国内に活動拠点を置き、主として国内で生物多様性の保全及び生物多様性に関わる
人材育成に資する活動に取り組む団体。
(イ)民間非営利団体。法人格の有無を問わないが、1年以上の活動実績を有している団体。
資金管理者が明確であれば、協議会などの協働体制も可。5名以上の会員もしくは活動メンバーがいること、
規約等の整備、事業報告書、決算報告書といった過去の活動実績が分かるものを発行していること。
(ウ)連続して2年助成を受けた団体は、その後2年間は申請できない。

【助成対象期間】
2023年4月1日(土)~2024年3月31日(日)まで

【助成件数】
最大12件程度

【助成総額】
800万円
・1団体で申請できる上限は100万円
・人件費(職員、アルバイト)は申請額の1/3まで含めることが可能
・外部講師などの謝金は人件費には含みません
・委託費・外注費等は助成総額の1/2以下

【締切】
2023年6月5日(月) 午前11:00

【詳細・お問合せ】
一般社団法人 環境パートナーシップ会議(EPC)
2023年度 真如苑 環境保全・生物保護 市民活動助成“地球・自然・いのちへ” 事務局(真如苑より委託)
メール: shizen-josei [※]epc.or.jp [※]を@に変更してください。
お問い合わせはメールにてお願い致します。


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:476団体
  • ・認証件数:473団体
  • ・審査中:3団体
  • ・解散等:205団体
※令和6年5月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:637団体
  • ・利用登録団体数:348団体
  • ・団体登録取消等:289団体
※令和6年4月30日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら