【助成金】令和5年度NPO等による復興支援事業(復興枠・一般枠)の募集について(岩手県)

  • 助成金・補助金
  • 防災・復興

岩手県では、「NPO等復興支援事業」により復興支援及び被災者支援を行うNPO等の支援を行うこととしており、
標記事業を以下のとおり募集します

【趣旨】
・復興枠
復興支援及び被災者支援を行うNPO等による絆力を活かした取組を支援することにより、行政では手の届きにく
いきめ細かな復興・被災者支援を図るため、復興・被災者支援活動等を行うNPO等への事業費助成を行います。

・一般枠
多様な担い手が協働・連携して行う地域課題解決の取組を推進するため、NPO等への事業費補助を行います。

【対象】
・復興枠
次の1に該当する団体又は2に該当する協議体。
1. 特定非営利活動法人、ボランティア団体、公益法人、社会福祉法人、学校法人、地縁組織(自治会、町内会等)、
協同組合等の民間非営利組織(以下「NPO等」という。)のうち、補助対象事業のいずれかに合致する取組又は
これに準じるものを行うもの。
2. 1の条件を満たすNPO等及び都道府県又は市区町村を構成員に含む協議体

・一般枠
次の1に該当する団体または2に該当する協議体。
1. 特定非営利活動法人、ボランティア団体、公益法人、社会福祉法人、学校法人、地縁組織(自治会、町内会等)、
協同組合等の民間非営利組織(以下「NPO等」という。)のうち、以下の2つの条件を満たすもの。
(ア) 補助対象事業に合致する取組又はこれに準じるものを行うもの。
(イ) 県内に主たる事務所若しくはその他の事務所又はこれに準じるものを置くもの。
2. 1の条件を満たすNPO等及び都道府県若しくは市区町村(以下「地方自治体」という。)を構成員に含む協議体

【対象事業】
・復興枠
1. 岩手県内の復興・被災者支援又は岩手県から他の都道府県への避難者への支援
(ア) 被災者の心のケア、健康・生活支援に向けた取組を行う事業
(イ) 被災者間や、被災者と行政・支援者・地元住民等との連携・交流、協働等の場づくりといったコミュニティ
形成等の復興に向けた取組(ただし、将来の災害への備えや地域振興策に係る取組は除く。)を行う事業
2. 原子力災害に係る岩手県に対する風評被害対策の取組を行う事業
3. 復興・被災者支援を行うNPO等の取組を、ノウハウや情報の提供等により支援する取組(中間支援の取組)を
行う事業

・一般枠
1. 地方自治体との協働
従来は地方自治体が担ってきた公の分野における活動をNPO等が地方自治体と協働して行う事業
2. 中間支援団体による支援
中間支援NPO等が他の団体を支援するための事業
3. 企業との連携
企業のCSR・CSV活動と連携する事業

【助成期間】
補助金の交付決定日から令和6年3月31日まで

【助成金額】
・復興枠
補助上限額 675万円
※過去に1年度受けたことがある場合 4,725千円
※加工に2年度以上受けたことがある場合 3,375千円
補助対象となる取組に掛かった経費の9割まで

・一般枠
補助上限額 80万円
補助対象となる取組に掛かった経費の8割まで

【その他】
その他、詳細については以下を参照ください。
令和5年度NPO等による復興支援事業(復興枠)の募集について
令和5年度NPO等による復興支援事業(一般枠)の募集について

【募集期間】
令和5年4月11日(火) ~ 5月11日(木) 17時必着

【詳細・お問合せ】
岩手県環境生活部 若者女性協働推進室(連携協働担当)
〒020-8750 盛岡市内丸10-1
Tel 019-629-5198


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:476団体
  • ・認証件数:473団体
  • ・審査中:3団体
  • ・解散等:205団体
※令和6年6月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:639団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:293団体
※令和6年5月31日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら