【助成金】第2回青少年の自己探求支援基金(日本フィランソロピック財団)

  • 助成金・補助金
  • 子ども

世界・日本の将来を担う世代の健全な成長と活躍を促すためには、自分を知り、相手の価値観、
地球上の多様な価値観を理解、共有、共感できる人を育てていく必要があります。そのためには、
現在のことだけでなく、過去からの学びも深め、未来への飛躍を支える思考の土台を作ること、
日本人に必要なリベラルアーツの重要な一端としての「自分自身を知る、そのために自分の国自体を知る」
が大切です。 受け身で「聞く・見る」、単に「検索して解決する」ということではなく、「適切なものを読む」、
「自分の考えを述べる」、「他人の考えを傾聴する」というプロセスを含む学びが必要となりますが、
残念ながら、今日の公教育や、進学目的の塾教育では限界があります。そこで、「自分を知る」ことを
重視している教育事業に対して助成を行う基金として設立されました。

【助成対象】
小学生から大学生までの生徒、学生を主な対象とした日本についての「学び」の機会を提供する
教育事業を助成対象とします。「学び」には、自ら「読み、考え、傾聴する」を含み、学ぶ分野は歴史、
思想、哲学、芸術、文学、社会科学、科学など幅広く捉えます。
※本公募では日本国内で実施する事業が対象です。

【公募締切】
2023年1月13日(金)17:00

【助成金額】
助成総額:200万円
1団体あたりの助成金額:最大100万円
採択団体数:2-3団体程度
助成対象期間:2023年4月~2024年3月

【詳細・お問合せ】
公益財団法人 日本フィランソロピック財団

 


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:483団体
  • ・認証件数:483団体
  • ・審査中:0団体
  • ・解散等:182団体
※令和5年1月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:625団体
  • ・利用登録団体数:354団体
  • ・団体登録取消等:272団体
※令和4年12月31日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら