【助成金】子どもサポート基金(東日本大震災復興支援財団)

  • 助成金・補助金
  • 子ども

東日本大震災の被災地は、震災から11年を経過した今もなお長期にわたる支援が必要とされています。
各地のNPO団体やボランティア団体は、政府や行政の手が届きにくい現地のさまざまなニーズに対応する
存在として、これまでも大きな役割を果たしてきました。
当財団は、こうした団体を支援するため、2011年8月に「子どもサポート基金」を創設し、これまでに454団体、
約11億円の助成を行っています。

今回の募集の特長としては、子育てにおいて困難を抱える家庭を支援し、子どもの栄養状態の改善、食育活動、孤食防止など
の課題解決や子どもの居場所作りを行う、いわゆる「子ども食堂」を運営する団体の事業活動にも支援を拡充します。

【助成対象事業】
・東北復興子ども支援事業
東日本大震災で被災した地域の子どもたちを取り巻く重要度の高い課題等を解決するために継続して行う支援事業。
・子ども食堂支援事業
貧困などの理由から子どもに対する栄養状態の改善、食育、孤食、子どもの居場所などの課題を解決するために
実施する支援事業
・資金調達力強化・職員育成事業
上記の支援事業を継続して行うために必要となる資金を調達する体制・能力を強化する事業、支援活動を実施する職員や、
事務・管理業務に従事する職員を育成する事業。

【助成事業区分/助成対象期間】
区分①:東北復興子ども支援事業/2年以上3年以内
区分②:子ども食堂支援事業/1年
区分③:資金調達力強化・職員育成事業/1年以上3年以内

【助成金額】
総額約3億円
区分①:1年あたりの上限額は1,000万円。
①:複数の団体が協働し活動を行う場合の1年あたり上限額は2,000万円。(助成率は1年あたり80%以内)
区分②:1年あたりの上限額は500万円。
区分③:1年あたりの上限額は300万円。

【募集期間】
2022年11月1日(火)~2022年11月30日(水)※消印有効

【応募方法・お問合せ】
公益財団法人東日本大震災復興支援財団


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:484団体
  • ・認証件数:484団体
  • ・審査中:0団体
  • ・解散等:175団体
※令和4年10月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:622団体
  • ・利用登録団体数:352団体
  • ・団体登録取消等:270団体
※令和4年10月1日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら