【助成金】「地域助け合い基金」で コロナ禍を乗り越えて共生社会へ(さわやか福祉財団)

  • 助成金・補助金
  • その他

新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは当たり前にあった人と人との交流を遮断するこ とが求められました。支援が必要な方の地域における孤立はさらに深刻となり、これまでにも増し て助け合い活動が必要という声が全国で挙がっています。こうした状況に様々な工夫で応え、その 助け合いを今後につなげて、さらに発展させていくことは明るい未来を拓くために決定的に重要で あると考えています。
そのため、必要な資金を全国からのご寄付として募り、助け合い活動を行う皆様へお渡しする助 成を行います。ぜひご応募をお待ちしております。

【助成金額】
15万円上限(助け合い活動の開始、維持、発展のため具体的に必要とする額。)
※助成基金を幅広く活用していただくため、原則1回。ただし、やむを得ない時は2回。
・助成できる総額は、応募いただく時点での基金の総額(残額)となります。
・お寄せいただいたご寄付を含む基金額はホームページで常時公開します。
・応募が基金の額を上回った場合は、応募の内容をホームページでご紹介しながら基金へのご寄付を募り、基金額が応募額に達した段階で、配分を始めます。
【応募期間】
常時受付。基金の範囲内で、配分は随時行います。
【助成対象】
法人格の有無は問いません。個人による活動を含みます。
【応募方法】
(1)ご提出いただく書類
①申込書
財団ホームページからダウンロードし、必要事項をご記入ください。
②添付資料
応募者の活動状況を知りたいため、次のような資料で既存のものがあればその写しを、ない場合は使用しているチラシなど現在の活動の内容や収支の状況が何らかわかるものをご提出ください。個人での応募の場合は、活動の計画をまとめたもの、主な活動の履歴などをご提出ください。
・定款または会則、活動趣意書
・当期の事業計画書と収支予算書
・作成した直近年度の事業報告書と計算書類
③誓約書
財団ホームページからダウンロードし、必要事項をご記入ください。
(2)応募方法
①メール
・「添付書類」はPDF形式のファイルでご送付ください。
・題名は「基金応募・(お名前)○○○○」としてください。
②郵送
・郵送申請をご希望の場合は、必ず事前にその旨を電話でご連絡ください。
・封筒表面に「基金応募」とご記入ください。
<応募書類の送付先>
(1)に記載の必要書類①②③を、以下の方法で財団までご送付ください。
◆メール送付先
公益財団法人さわやか福祉財団「地域助け合い基金窓口」
E-mail:tasukeai-kikin@sawayakazaidan.or.jp
◆郵送送付先
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階
公益財団法人さわやか福祉財団「地域助け合い基金窓口」
【お問合せ】
公益財団法人さわやか福祉財団
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階
電話:03(5470)7751 FAX:03(5470)7755
E-mail:mail@sawayakazaidan.or.jp(応募書類の送付先アドレスとは異なりますのでご留意ください)
詳細は、「「地域助け合い基金」でコロナ禍を乗り越えて共生社会へ 助成応募要領」をご覧ください。


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:484団体
  • ・認証件数:482団体
  • ・審査中:2団体
  • ・解散等:175団体
※令和4年4月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:613団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:267団体
※令和4年5月4日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら