【助成金】第10回2022年度 YS市庭コミュニティー財団助成(一般財団法人YS市庭コミュニティー財団)

  • 助成金・補助金
  • その他

当財団の助成事業は、地域に根付いたコミュニティーが活性化するように、
活性化されたコミュニティーにより新たな日々の暮らしの価値観が生まれることを
願って実施するものです。

昨年度、様々な課題に取り組む全国のNPO等に関わる皆様方のNPO活動を俯瞰すると、
コロナ禍で事業を満足に実施することが出来ないまま、縮小や延期、中止に追い込ま
れた例が見受けられました。そのような困難な状況でもIT機材を活用してオンラインで
NPO活動を継続する団体も数多く見受けられたことは、NPO冬の時代における収穫であっ
たと言えます。

こういった状況を受け、

①コロナ禍の影響を受けている地域、コミュニティーだからこそ見えてきたであろう
今後の展望や施策に基づく事業の展開
②地域コミュニティーの再生、修復を促し、日常的な生活を取り戻す道筋を示す活動

以上のような、新たな暮らしのビジョンを展開するためのNPO団体等の活動推進の取り組み
が重要なポイントになってくると考えております。まだ出口が見えないなかで、他地域や
他分野の各団体の取り組みやその工夫の数々が、スタッフに対して活動継続や地域社会、
コミュニティーを支えるためのヒントになると考えるものです。

【助成事業】
市民社会のコミュニティーを再生・進化・発展に寄与する事業
①コミュニティー振興及びまちづくりに関する事業
②社会教育及び文化・スポーツに関する事業
③防災講座・防災シミュレーション体験講座・お料理体験等の各種体験講座
④体験学習(職場体験等)に関する事業

【対象団体】
この助成事業は、下記の要件を満たす団体を対象とします。
ただし、団体の目的や活動の内容が、政治・宗教などに偏っている場合を除きます。
(1)コミュニティー活動をする団体
(2)営利を目的としない団体
(3)日本国内外を対象に活動する日本国内の団体
(4)設立や運営に企業が主体的に関わっていない団体
(5)団体の法人格の有無や種類は問わないがNPO法人等を当面優先する。

【継続助成団体について】
前年の助成の目的を達しつつあり、さらなる助成により発展が期待される活動に対して、
選考委員会が審査し助成を行います。
また、継続助成の対象団体は以下の通りです。
(1)継続2年目助成は、前年度助成を受けた団体
(2)継続3年目助成は、2年継続助成を受けた団体
(3)前年度の助成の目的を達しつつあり、さらに発展した課題に対し助成を受けることにより、
活動がより期待される団体については、翌年度以降も、選考委員会の審査を行ったうえで、
継続して助成を行います。

【助成期間】
2022年10月1日から2023年9月末

【助成金額】
助成総額:1,500万円程度 ※原則、継続助成団体を含める
助成件数:20〜30件程度

【申込期限】
2022年7月31日(日)※当日消印有効

【お問合せ】
一般財団法人YS市庭コミュニティー財団 事務局


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:484団体
  • ・認証件数:482団体
  • ・審査中:2団体
  • ・解散等:175団体
※令和4年4月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:613団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:267団体
※令和4年5月4日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら