【助成金】公益信託 大成建設自然・歴史環境基金(大成建設)

  • 助成金・補助金
  • 環境

これからの地球社会の健全で持続的な発展のためには、自然環境の保全や再生、歴史的建造物等の歴史的・文化的な環境の保存や活用が必要とされています。
本基金は、“人がいきいきとする環境を創造する”という大成建設グループの理念を踏まえ、こうした活動や研究を応援することを目的に設立されました。

【助成金額】
1500万円程度(助成件数:30件程度)
【申込期限】
2022年7月29日(金)事務局必着
【助成対象】
国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究。
【応募方法】
助成金申請書の提出先は、みずほ信託銀行「公益信託大成建設自然・歴史環境基金」事務局あてに原則Eメールで提出。
(今年度から原則Eメールで書類提出する方法に変更しております。)
(1)提出先メールアドレス(当基金事務局宛)
koueki.tb@mizuhotb.co.jp
(2)提出書類
A.『助成金申請書』(原則、Excel(.xlsx)形式もしくはPDF形式)※1
※1『助成金申請書』は、下記ホームページよりダウンロードしてご使用ください。
【大成建設株式会社ホームページ内】
https://www.taisei.co.jp/about_us/society/kikin/
B.団体の会則(団体の会則がある場合)
(3)注意事項
A.Eメールの件名は必ず『公益信託大成建設基金 2022年度申請書(申請団体名)』と表記ください。
<例:申請団体名が“NPO法人たいせい環境保全会”の場合、メールの件名を『公益信託大成建設基金 2022年度申請書(NPO法人たいせい環境保全会)』と表記>Eメール件名にこの表示がない場合は、申請を受付できない場合がありますのでご注意ください。
B.Eメール1回の容量は、必ず20MB以下としてください。容量が20MBを超える場合は、添付ファイルを分割送信するなどしてご提出をお願いいたします。
C.Eメールでの提出が困難な場合には、下記お問い合わせ先住所へ提出書類をご郵送ください。応募締切日以降に到着した場合、審査の対象から除外されます。
D.Eメールまたは郵送のどちらかでご提出ください。(両方提出は不可)
E.Eメールで書類提出した場合、3営業日以内に書類を受け付けた旨の連絡がない場合は、書類受付されていない可能性がありますのでお電話等でご連絡ください。
【お問合せ】
〒100−8241 東京都千代田区丸の内1−3−3
みずほ信託銀行株式会社 個人業務部 信託業務開発チーム
『公益信託 大成建設自然・歴史環境基金』 事務局
E-mail:koueki.tb@mizuhotb.co.jp
電話:03-6631-7640
詳細は、「公益信託 大成建設自然・歴史環境基金 2022年度助成金募集のご案内」でご確認ください。


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:484団体
  • ・認証件数:482団体
  • ・審査中:2団体
  • ・解散等:175団体
※令和4年4月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:613団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:267団体
※令和4年5月4日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら