【助成金】Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs 2022年募集(パナソニック オペレーショナルエクセレンス)

  • 助成金・補助金
  • その他

パナソニックグループでは、「貧困の解消」に取り組むNPO/NGOの組織基盤強化に助成しています。現在、2022年募集事業の応募要項、用紙、手引をホームページに公開していますのでぜひご活用ください。

【応募受付期間】
2022年7月15日(金)~7月31日(日)
【助成対象団体】
・海外助成:新興国・途上国内など、支援を必要としている国・地域で、貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取組むNGO
・国内助成:日本国内の貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNPO
【助成対象事業】
第三者(※1)の多様で客観的な視点を取り入れた組織基盤強化の取り組みを助成対象とし、
2つのコースを設けています。
・組織診断からはじめるコース(※2)
1年目に組織診断によって組織の優先課題と解決の方向性を明らかにした上で組織基盤強化
計画を立案し、2年目以降に「組織基盤強化コース」で組織課題の解決や組織運営の改善に
取り組むコース
・組織基盤強化コース(※2)
既に組織の優先課題と解決の方向性が明らかとなっており、立案した組織基盤強化計画に
基づいて、1年目から具体的な組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース
※1 第三者とは、応募団体が独自に選定するNPO/NGO支援機関やNPO/NGOの組織運営
の実践者、またはNPO/NGO経営支援の専門家等を指します。
※2「組織診断からはじめるコース」は、その後「組織基盤強化コース」に応募することが可能です。
「組織基盤強化コース」は1年継続助成が可能。いずれも継続助成の選考があります。
【助成事業期間】
・組織診断からはじめるコース:2023年1月1日~8月31日(8カ月)
・組織基盤強化コース:2023年1月1日~12月31日(1年間)
【助成金額】
・組織診断からはじめるコース:1団体への上限100万円
・組織基盤強化コース:1団体への上限200万円
※助成総額(「2022年新規募集分」「継続助成」合計):海外助成1,500万円、国内助成1,500万円、合計3,000万円
【お問合せ先】
パナソニック オペレーショナルエクセレンス株式会社
Panasonic NPO/NGO サポートファンドfor SDGs 事務局(担当:細村)
詳細:Panasonic NPO/NGO サポートファンドfor SDGs 2022年募集


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:484団体
  • ・認証件数:482団体
  • ・審査中:2団体
  • ・解散等:175団体
※令和4年4月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:613団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:267団体
※令和4年5月4日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら