【助成金】全国被災地こども支援 3.11基金(ジャパン・カインドネス協会)

  • 助成金・補助金
  • 防災・復興

【内容】
2011年、東日本大震災の発生を受け、ジャパンカインドネス協会は「東北3.11基金」を立ち上げ、岩手・宮城・福島で被災した子どもやその保護者を支援する活動に対し、累計2,500万円を超える支援を行ってきました。
10年目にあたる2021年を機に助成対象の範囲を見直し、東日本大震災限定とせず、全国の被災地も含めた「全国被災地こども支援 3.11基金」として再スタートします。
世界的にも類を見ない甚大な被害をもたらした東日本大震災を風化させないという思いから、3.11の名称を残しました。
詳細をご確認の上、ふるってご応募ください。

【助成対象】
①東日本大震災の被災地(岩手、宮城、福島のいずれか)に拠点を置いている
②その他の被災地(気象庁が災害名称を定めた気象・震災が対象)
・地震による被害を受けた地域(2011年1月以降の被害)
・台風、豪雨による被害を受けた地域(2021年1月以降の被害)
→①②のいずれかに該当し、さらに子どもの支援を行っている団体
(子どもの居場所づくり、遊び場づくり、体験学習、学習支援など、
子どもたちが自らの力で切り開いていける活動)

【助成額】
1団体あたり 上限30万円 (総額100万円)
【助成期間】
2022年8月1日~2023年7月31日
【応募受付】
4月1日~5月31日17:00まで

※お申込み・詳細等につきましては、下記をご覧ください。
https://www.jkkyoukai.com/311fund/


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:484団体
  • ・認証件数:482団体
  • ・審査中:2団体
  • ・解散等:175団体
※令和4年4月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:613団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:267団体
※令和4年5月4日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら