【助成金情報】『公益社団法人国土緑化推進機構「2021年度 緑の募金助成」』

  • 助成金・補助金
  • 環境

【助成金内容】
一般公募により森林ボランティア団体等の活動を支援します。
応募申請書に必要事項を明記し、一般公募事業、次世代育成公募事業については、下のオンライン公募申請フォームから、子どもたちの未来の森づくり事業は郵送で応募ください。

【締切】
令和3年3月15日(月)

【一般公募事業】
◆国内事業:複数の都道府県にわたるなど、広域的な事業効果の波及が期待され、広く一般参加を呼びかけて行う次のいずれかに該当する事業

・森林の整備または緑化の推進
・災害に強い森林づくり事業
・山村住民と都市住民の協働による森林の整備
・保育所・幼稚園・学校等の園庭・校庭等の緑化の推進
・「教育」や「健康」等の分野で、山村地域における森と人とのかかわりの拡大を推進する森林の整備や緑化の推進
・間伐材等の利用・加工を行うなど、森林循環の促進に通じる森林の整備
・その他、上記に準ずる森林の整備または緑化の推進を目的とする事業、これに付帯するイベント等

◆国際協力事業:海外で行う次のいずれかに該当する事業

・砂漠化防止や熱帯林再生のための森林の整備
・土砂流出防止・水源かん養・薪炭林造成等のための森林の整備
・公園・学校への植樹等による緑化の推進
・苗畑整備・育苗や緑化の推進に資する苗木の配付
・山火事防止等の森林パトロール、被害調査等の森林保全管理
・その他、上記事業に付帯するセミナーや給水施設整備等

【次世代育成公募事業 「次世代の森づくりを担う人材育成事業」】
次の全てを満たす事業
・高校生・大学生などの若者が、山里などの保全、森林での植栽・保育・間伐などの活動、住居・学校等の生活・教育環境への樹木の植栽など、森林整備や緑化推進の活動に参加する事業で、森林・林業分野で働きたいと考えている者にとっては体験の機会となるもの。
・高校生・大学生などの若者が中心となった団体、或いは若者とともに活動を実施しているボランティア団体等が企画・実施する事業。
・植栽された樹木の維持管理など、活動の成果の継承が計画されている事業。

【都道府県緑推推薦事業「子どもたちの未来の森づくり事業」】
次の全てを満たす事業
・小・中学生の「森の学び」(森林環境教育)のフィールドづくりと教育・体験活動等を行う事業、または未来に引き継ぐ地域の象徴的な森林づくり事業
・NPO、ボランテイア団体、自然学校、自治会等の組織が、単独又は地方自治体、小・中学校等と連携して、 企画・実施する事業
・整備した森林が将来に亘って、確実に維持管理できる実施体制や仕組みが具体的に計画されている事業

※詳細は下記ウェブサイトから、ご確認ください。
URL:http://www.green.or.jp/bokin/volunteer/activity-support


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:487団体
  • ・認証件数:485団体
  • ・審査中:2団体
  • ・解散:160団体
※令和3年3月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター登録団体

  • ・団体登録申請数:602団体
  • ・登録団体数:343団体
  • ・取消等:259団体
※令和3年3月25日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら