【新聞要約】「移住 AIでマッチング」女川のNPOに最優秀賞『河北新報 13版 第9面 令和4年2月26日(土)』

  • 河北新聞
  • 新聞記事

人工知能(AI)を活用した新ビジネスのアイデアを競う仙台市主催のコンテスト「仙台X-TECHイノベーションアワード」が25日、青葉区の複合施設クロスBプラスであり、最優秀賞に宮城県女川町のNPO法人アスヘノキボウが選ばれた。

同法人は地方に移住する若者が地域や転職先になじめず、都市部に戻てしまう課題をAI技術を駆使して解決する事業を提案。移住希望者と地域、企業などの情報を集めてデータ化し、マッチングするシステムの構築を目指すとした。

コンテストには県内の9法人が参加。優秀賞は、訪問看護ステーションの地域ネットワーク構築にAIを活用する事業を紹介した医療法人やまと(登米市)など3法人に決まった。


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:484団体
  • ・認証件数:482団体
  • ・審査中:2団体
  • ・解散等:175団体
※令和4年4月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:613団体
  • ・利用登録団体数:346団体
  • ・団体登録取消等:267団体
※令和4年5月4日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら