【新聞要約】実習生の接種お助け『岩手日報 3版 第21面 令和3年10月26日(火)』

  • 岩手日報
  • 新聞:活動紹介
  • 新聞記事

奥州市と市国際交流協会は、市内の外国人技能実習生を対象に、通訳ボランティア付きの新型コロナウイルスワクチンの集団接種を行っている。
実習生の中には、接種時の説明に使われる医療用語が分からない人も多く、その不安を解消しようと企画。
市によると全国的にも珍しい取り組みで、ボランティアたちは副反応の説明や医師との通訳などを手厚くサポートしている。

会場には同協会が募った英語、中国語、ベトナム語、タガログ語の通訳ボランティアのほか、協会スタッフら計10~20人ほどを配置。
集団接種を申し込んだ実習生はベトナム人やフィリピン人ら約70人で、ボランティアたちは予診票の読み方や副反応の注意点などを丁寧に教え、医師や看護師との通訳にも応じている。

同協会はこれまで医療通訳ボランティアの育成に力を入れてきた。
市内にはワクチン接種に不安がある外国人が多いことから、彼らを支援しようと5月ごろから通訳ボランティアの事前研修を実施。専門用語の通訳について学んできた。


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:482団体
  • ・認証件数:481団体
  • ・審査中:1団体
  • ・解散等:172団体
※令和4年1月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:610団体
  • ・利用登録団体数:345団体
  • ・団体登録取消等:265団体
※令和4年1月16日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら