【新聞要約】子犬子猫 一時預かり苦境『岩手日報 3版 第20面 令和3年9月29日(水)』

  • 岩手日報
  • 新聞:ボランティア募集
  • 新聞記事

遺棄された犬猫を引き取る県一関保健福祉環境センターが4月に開始した子犬子猫の一時預かりボランティアは募集から半年たっても応募ゼロと苦境に立たされている。
子犬の引き取りはほとんどなく事実上、子猫の飼育管理が役割だ。ホームページで情報発信し、動物病院を通して周知もしたが、手を挙げる人はなかった。
「受け皿」の保護団体が過剰多頭飼育にならないよう負担軽減を図るのもボランティア導入の狙いだったが、なり手ゼロではそれも果たせそうにない。

一時預かりボランティアは▽一関市、平泉町在住の20歳以上▽週に1度の状況報告▽完全室内飼育などの応募要件がある。
飼育期間は原則、ドライフードが食べられるまで、ミルクやペットフードなどの物品支給は相談に応じる。
問い合わせは同センター(0191・26・1412)へ。


岩手県内のNPO法人

  • ・申請受理数:481団体
  • ・認証件数:479団体
  • ・審査中:2団体
  • ・解散等:170団体
※令和3年10月1日現在

岩手県【NPO法人制度】
手引き・様式はこちら

内閣府「岩手県内」NPO法人情報データベースはこちら

県民活動交流センター利用登録団体

  • ・団体登録申請数:609団体
  • ・利用登録団体数:344団体
  • ・団体登録取消等:265団体
※令和3年10月17日現在

県民活動交流センター
手引き・様式はこちら

県民活動交流センター「登録団体」データベースはこちら